カフェ

カフェ店員

カフェの仕事内容

カフェの仕事といえば接客業です。
カフェスタッフはホールとキッチンの2種類の仕事があります。
ホールは、主にレジや接客を行いますが清掃やたまにドリンクやデザートの調理の仕事もあります。

ホールではドリンクや料理をお出ししてお店を綺麗に保ちながらお客様にゆったりくつろいでいただくことが大切。
接客だけがやりたいという方でも他の雑務をこなさなければいけません。

接客での仕事といえば、お客様を席に案内して注文を取り、その注文をキッチンへと伝えること。
同時にドリンクなど簡単な注文はホールスタッフがお出しすることもありますしお客様への態度次第ではトラブルになることもあります。

ホールスタッフはお店の顔といっても過言ではありません。
スタッフの態度や口調、対応の速さや良さでそのカフェの印象が決まると言っても過言ではありません。
注文を取り食器を下げてレジ会計をするまでが一連の流れです。
その間にお客様に良い印象を与えられるよう心がけます。

レジはコンビニで見かけるようなレジと変わりありません。
操作を覚えるのに苦労するかもしれませんが、慣れると簡単です。
清掃をすることもあるので、「お店を管理する」という意識で仕事に臨みましょう。

キッチンは主に注文された料理を作ります。
洗い場担当と調理スタッフでわかれていることもありますが厨房の清掃や洗い物、調理、食材の管理などが主なお仕事です。

特徴や時給など

カフェのアルバイトではトラブルに遭遇することもあります。
お客様とのトラブルなどよくあることですが接客時には充分に注意して対応する必要があります。

カフェアルバイトでのホールとキッチンの時給に差はありません。
時給は平均900円程度です。
長く勤めていると昇給の可能性もありますが、個人経営のところではないかもしれませんね。

店舗によっては高給なところもありますし時給が安いところもあります。
ですがカフェで働くために必要な資格はありません。
未経験からでも始められるお仕事であり、やることは多いですが誰でもできます。

飲食店よりもゆっくりおだやかな雰囲気で接客がしたいという方に向いています。
飲食店ではランチ時や夕食時に混雑しますから、ゆっくり一息つくために訪れるお客様が多いカフェではまったりとした流れで働くことができます。

お子様連れの方も多く、デザートを求め来店される方も。
「たくさん食べる」よりも「おいしさ」や「ゆったりした時間」を求めてお客様がいらっしゃるので、そのゆっくりできる時間を提供するスタッフとして落ち着いた対応が求められます。

カフェバイトを極めるなら、接客に関する資格を取得しましょう。
カフェが好きで将来カフェ店を営みたいという方もいますし、資格を取得してスキルアップもできるお仕事ですよ。