1. >
  2. >
  3. コンビニ

コンビニ

今、街の至るところに存在しているものがコンビニです。
家の近くにあるからコンビニで働きたいと思っている人たちも多くいらっしゃるのではないでしょうか。

コンビニでアルバイトするメリット

現在、コンビニでアルバイトしたいと思っている人たちが大変多くいます。
特に若い人たちがコンビニでアルバイトをしたいと思っているので、ここでは幅広い世代のコミュニケーションの輪を作ることが出来ます。
そして、コンビニのメリットを追求すれば、 24時間365日というお店がほとんどなので、自分の都合のいいスタイルでのシフトを組みやすいことにあります。

一般的には、「朝・午前中」、「昼間」、「夕方・夜」の3区分5項目のシフトでアルバイトが採用されています。
若い人たちがコンビニを意識している理由は、授業の空き時間に仕事が出来るというメリットを抱えているからです。

そして、もうちょっと稼ぎたい、時給をアップしたいと言うのなら、早朝や深夜の時間帯が狙いです。
やっぱりそのような時刻は、人材不足であり、より求人が求められています。

レジ打ち業務がある

コンビニでアルバイトという場合、コンビニのレジ業務という場合もあります。
商品のバーコードを読み取って、代金を精算する仕事です。
更に現金のやりとりだけでなく、クレジットカード、ICカード、などで代金を受けるということもあります。

コンビニは、混む時には大変混雑して、行列にお客様をイライラさせると言うこともあるかもしれません。
この時、いかにレジ打ちが早く出来るかと言うのがとても大事なポイントになります。

コンビニで研修時には、業務を覚えると同時に、しっかりレジ打ち操作を身に付けると言うのも大事なポイントです。
そして、レジ打ちは、飲食店などに通じることなので、ここでしっかり身に付けると言うのは、今後いろいろなアルバイトで役立てることが出来ます。

コンビニで経営学を学ぶ

コンビニでは接客のスキルを勉強することが出来ます。
フランチャイズのコンビニで仕事をするという場合、経営者の距離が近く、更にコンビニに経営学に触れることも出来ます。

POSシステムとは一体何かなど、社会を知るということは漠然と俯瞰した目で見るだけでなく、このような踏み込む目と言うものも必要になって来るはずです。
コンビニでアルバイトをしたい人たちはそうでない人たちよりも一歩先に社会に進出できたと言う感じです。

コンビニでアルバイトをしたいという人たちが最近多いのは、まだまだいろいろな理由を考えることが出来ます。
しかし、もちろんコンビニは、忙しい場所です。

何もかも機能がコンビニに集中してしまったとも言えるのではないでしょうか。
それだけやりがいがあるというのも正解ですが、公共料金、コンサートのチケット、郵便、宅配まで扱いそれなり覚悟も必要です。

返信する

必須項目には印がついています*