1. >
  2. >
  3. 面接で第一印象をよくするためのテクニック

面接で第一印象をよくするためのテクニック

短時間の面接では第一印象の比重は高い

人は見た目が9割と言われたりするほど、短時間の面接では第一印象が大きなウェイトを占めます。
面接は短時間の応答で採用か不採用かが決められ、ケースによってはその結果がその後の人生に大きな影響を与える事さえあります。
何とか最初のイメージを良くしたいものですが、そのポイントは何処にあるのでしょう。
バイトの面接に出向く前にチェックしておくポイントと注意点を解説します。

第一印象の悪い人の特徴と第一印象をアップする3つのポイント

人は初対面の相手とコミュニケーションに当たり、最初に受けたイメージに強い影響を受け、そのイメージを変えることは簡単ではないと言われます。
心理学で認められたもので初頭効果との名称まで持ちます。
第一印象の悪い人の特徴は不潔な人、暗い人、落ち着きがない人などですが、良くするポイントを、見た目、態度、話し方の3つの観点で整理します。
本来面接では応答の内容が重要と言いたいところですが、この3つのポイントで評価が低いと、相手に良い面接の評価を受けることは厳しいと言わざるを得ません。

第一印象を良くする「見た目」

服装は清潔感の感じられるシンプルな服が基本で、女性は無地の白ブラウスに膝丈のスカートあるいはパンツが適しています。
男性は、コン、グレーなどの落ち着いたカラーのスーツがおススメです。
髪型も清潔感が最も重要で、肩より長い髪はスッキリまとめます。
メイクはナチュラルが基本で、明るく健康的に見えるようにイメージしましょう。
長い爪もNGで特にレストランはじめ接客業においては、大きなマイナスです。

第一印象を良くする「態度」

表情は大事で自然な笑顔は好印象を与えますが、真剣な話をしている場合は真面目な顔をしないと不信感を与えてしまいます。
作り笑顔でさえ気持ちを前向きにするという研究がありますので、事前に鏡を前に笑顔の練習をしておくとリラックスしてあなたの良さを発揮できるはずです。

姿勢は表情と同様に重要で、姿勢の正しい人は健康的かつまじめに見え、仕事に対する前向きな意欲も感じさせます。
背中を真直ぐに伸ばし、相手の真正面を向くとよいでしょう。

手の動きは心理をあらわしていると言われ、不必要に手が動くと気持ちに余裕を持たない人という印象を持たれます。
両手は自然にヒザの上に揃えて置きましょう。

面接時だけでなく、面接会場に入る前から出るまで礼儀正しい言動をしましょう。

第一印象を良くする「話し方」

挨拶をしっかりと行うことはどんな仕事においても基本とされる重要ポイントで、元気よくシッカリと聞き取りやすい声で行います。

面接時は相手の目を見て話すのは信用されるための基本で、目を合わせずに話しても相手の心には響かないどころかコミュニケーション能力の不足とみなされます。

礼儀正しく敬語を使うのは当然で、たとえ面接官がフレンドリーに話しかけても崩してはいけません。