1. >
  2. >
  3. フリーターのバイト面接対策で注意するポイント

フリーターのバイト面接対策で注意するポイント

採用サイドにも歓迎されるフリーター

採用サイドにとり、融通をきかせてくれる点で大変歓迎されます。
その点はフリーターにとって大きなチャンスですので希望の職種に採用されるチャンスに恵まれていると言えます。
面接時に円滑な応答が出来るようにバイトの面接でフリーター特有の頻繁に問われる質問の傾向と答え方の対策や注意するポイントを整理してみます。

面接時にフリーターにされやすい質問

一般の面接と同様にこれまでの経験や志望動機などは聞かれますが、フリーター特有の質問として一般的に聞かれやすい点は次の2点に集約されます。
1.フリーターをしている理由
2.以前のアルバイトを辞めた理由
採用サイドにシフト面で時間のあるフリーターは魅力的だとはいうものの、この2つの点に関する応答は仕事に対する熱意や真剣さをあらわすものであり、返事の内容次第によっては一気に不利になる可能性があります。

上記の質問がされる理由と答え方・注意点

まず、フリーターをしている理由を問われた場合、採用サイドはこれから一緒に働く相手のバックグランドや人柄、仕事に対する考え方などを把握して、協力してやっていけるかどうかを見極めたいという意識があります。
答え方としては、正直に答えて良いのですが、「何となくフリーターを続けている」等、後ろ向きに取られる理由を答えずに、シッカリ目的意識を持って仕事をしている点をアピールするように心がけましょう。

せっかく仕事に慣れるよう育てても、慣れたころにやめられては採用サイドも困りますので、例えば夢が実現するまでフリーターをする場合、大よその目安となる時期を伝えることが出来るとベストです。
時期を示せない場合でも、夢が実現しても採用企業には迷惑をかけないよう相談する旨を伝える事が大事です。
次に以前のバイトを辞めた理由を問われた場合ですが、答える理由により、採用してもチョットした理由で辞められるのではないかと面接者が判断するケースがあるので慎重に答えます。

見栄を張って嘘をつく必要はありませんが、単純な仕事に飽きた、あるいは上司ともめた等、それが事実・本心であってもストレートにこたえるべきではありません。
以前は居酒屋でアルバイトをしたが、洋食にも関心を感じたためより視野を広げるためホテルのレストランの仕事に興味を持った等、ポジティブな言葉を選択しましょう。

十分な対策を徹底して面接に臨む

フリーターがアルバイトの面接を受けるケースでは特有の質問があり、ある程度想定できるので対策を立てて面接に臨む事が重要です。
答える際はネガティブな言葉や表現を出来る限り避けて、ポジティブに素直で具体的な気持ちを伝えるようにしましょう。