1. >
  2. >
  3. バイト面接で趣味について聞かれたときの答え方

バイト面接で趣味について聞かれたときの答え方

面接では意外な質問も聞かれる

バイト面接の際に面接官からよく聞かれるこれまでの経験、自分の得意分野、志望動機などについては準備をしている方が多いと思います。
しかし「趣味は何?」と聞かれると面食らってどう答えてよいか戸惑う方も多いでしょう。
このような意外な質問も、面接官の意図に基づくものであり、採用の可否に大きな影響を与えます。
ここでは、面接で趣味を質問する面接官の意図や答え方について考えてみます。

趣味に関する質問をする意図

趣味の質問をすることで面接官がチェックしたいのは、主に次のポイントです。
1.人柄や人間的な魅力
短時間に応募者の人柄を知るにはこれまでの経験や自己PRのみでははかれないので、趣味の話をしてその人の個性や価値観を知ろうとします。
好きな趣味で、チームプレーが得意か、活動的かなどを基に職場に適するかどうかを探るのです。

2.コミュニケーション能力の有無
特にレストランなどの接客業ではコミュニケーション力は必須のスキルで、趣味を問われて「ありません」と答えれば、会話は終わります。
特にいうほどの趣味がない場合でも、好きなスポーツなど関心のある事に関して話を広げ、コミュニケーション能力アピール出来るようにしましょう。

3.1つのことを継続する姿勢
面接官は多くの場合、応募者には長期間働いてもらう事を期待しています。
1つの趣味を長期間続けていると忍耐力があるとみなされ好印象を空与えます。

趣味を聞かれたときの答え方のポイント

1.まず結論を先に答える
「趣味は◎◎です」と結論を最初に伝えます。
「私は子供の頃からスポーツが苦手だったので……」と話し出されると、面接官により、「話をまとめるのが下手」と思われ目を引く趣味であってもインパクトが残りません。
また、面接準備様に用意して答えると、理由やどういう点が魅力か、深く問われた場合に塗装が剥げます。

2.好きな理由は具体的に端的に説明
次は「理由は△△です」と答えますが、具体的に話すと人柄や魅力を分かってもらう事が出来ます。
3.趣味を通して身に付いたものを答える
趣味を通して習得した考え方を伝えると、イメージアップにつながります。
長期間続けている趣味であれば「努力を積み重ねる事の重要性」を分かっていることのアピールに繋がります。

趣味について質問された時の回答例

1.ジョギング
「趣味はジョギングです。その理由は、2年前にハーフのマラソン大会に出場して完走できたときに高い達成感や満足感を得られたことです。次はフルマラソンに出て完走できることを目標に日々爽快感を感じながら走っています。」
2.読書
「趣味は読書です。その理由は、自分が経験のない未知の世界を垣間見たり、自分とは異なる考え方を教えられたり出来るからです。現在は週に1冊は読むことにしています。好きなジャンルは、歴史小説で好きな作家は宮部みゆきさんです。