1. >
  2. >
  3. 掛け持ちの場合のバイト面接でのポイント

掛け持ちの場合のバイト面接でのポイント

働き方改革に伴いダブルワークも一般化?

現在、働き方改革が叫ばれ、サラリーマンでもダブルワークが少しずつ広がってきました。
そんな中で掛け持ちバイトもますます広がっていくものと考えられます。
アンケート調査の結果、掛け持ちバイトの志望動機として最も多かったのは「お金を得たかったから」、次いで「時間に余裕が出来たから」という結果でした。
続いてその仕事に興味があった、スキルアップがしたかった、友人に誘われたという動機が並びます。

掛け持ちバイトのメリットとデメリット

実際に経験者のアンケート調査によると、メリットにはダブルワークは時間を効率的に使える、収入も大幅にアップしたとの意見が目立ちます。
限定された時間の中でさまざまな多くの経験を積めた、スキルアップにつながったと答えた方もいました。
対する掛け持ちバイトのデメリットには空き時間が減少し、体調管理あるいは日々のスケジュール調整が大変だったとのコメントが目立ちました。
掛け持ちバイトを始めるには、職種や勤務時間などとともに自分の体力や日程を考慮して無理のないよう検討するようにしましょう。

掛け持ちバイトを面接時に伝えた方の割合

掛け持ちバイトの面接に際してはシフトや志望動機に関して面接のタイミングでどの様に話せばよいか悩むところです。
あるアンケート調査の結果を見ると、70パーセントを超える方が面接時点でダブルワークである旨を伝えています。
もう一つのバイトとの間のシフト調整で問題が出る事や、後で掛け持ちが判明するより事前に伝えた方がスッキリすると判断された方が多いようです。
反対に、伝えなかった方も30パーセント近くに及び伝えなかったことが原因でトラブルが発生したという報告はありませんでしたが、シフト調整が大変だったという意見は少なからずありました。

掛け持ちバイトの志望動機の伝え方

実際に志望動機を伝えた方の伝え方を例に個々の立場に応じ、どう受け答えすれば好感度が高いか考えてみます。

1.学費を得たい
学費を親に頼らず自分で稼ぎたいとの思いから、掛け持ちのアルバイトを受け入れていただけるバイト先を探していました。(20才女性、コンビニと新たに古本屋に採用)

2.経験を将来に役立てたい
さまざまなバイトを体験して多くの人に接し視野を広げて、将来進む道を考えるなどに役立てたい。(21才女性、商品梱包と新たにパチンコン等エンタティメント産業スタッフに採用)

多くのケースで積極的な姿勢と理由を伝達

上記の志望動機に共通するのは、収入面だけでなく、自己研鑽、時間の使い方、将来などの前向きなキーワードが入っていることが分かります。
このような前向きな志望動機を持つ人は、面接する側にとって一緒に働けば職場全体ポジティブになる新しい風を吹き込むのではないかとの好印象を持たれるため、GOODです。