1. >
  2. >
  3. パート面接についてスーツと私服、どれがいいのか

パート面接についてスーツと私服、どれがいいのか

パートの面接にふさわしい服装の条件

特に初めての業種のパートの面接を前に、服装に関して迷う方は多いと思われます。
パートは学生時代に経験したバイトやリクルートスーツ一本で複数社の面接をこなした就職活動の面接とも異なり、その位置づけは微妙で業種によっても異なります。

どの職種にも共通のパート面接に適する服装の最も重要なポイントは清潔感で、たとえその職種に最適な服であっても、どんなに高価な服であても、うす汚れてよれよれのしわがある不潔な服はふさわしくありません。
また、服だけでなく靴の汚れにも注意が必要で、高価である必要はありませんので第一に清潔感を大事にしましょう。

職場ごとのパート面接に適した服装

店舗であれば中を見る事が可能ですので、実際にその店舗内で働いているスタッフの服装を見る事が一つの参考となります。
1.事務主体の職場
この種のパート面接を受ける際はスーツ着用が原則で、グレーやダークブルー等落ち着きのあるカラーのスーツに、白色のブラウスがベストです。
カットソーを着用するケースは、胸元が大きく開いたタイプを選ばず、清楚で派手さのない服装に心がけます。

2.ファミリーレストランなどの飲食店
飲食店の面接のケースは、そのお店の雰囲気に合う私服をチョイスします。
面接ではファッション感覚を問われるものではないのですが、飲食関連業種は清潔さが一番なので、清潔でややキレイ目の服装は好印象を受けます。
トップスは淡いカラーのシャツあるいはブラウスにアンサンブルニットなどを合わせ、ボトムスはカジュアル過ぎないパンツなどを合わせましょう。
特に気を付けたいのはヘアスタイルで、食べ物を扱う仕事なので髪は短くスッキリまとめて行きましょう。

3.スーパーやコンビニなど小売業
飲食店と同じく食べ物を取り扱う職種であり清潔感や衛生面の好印象を受ける服装がベストです。
トップスは薄いカラーのブラウスにカーディガン、ボトムスは落ち着いたイメージのパンツやスカートがベストで、オリジナリティを主張し過ぎないシンプルな服装が好印象です。

面接時の服装に関して好感度を高めるポイント

服装の選択に当たってはカラーだけでなく、素材やデザインも重要です。
ボトムスを例に挙げても、コットンや麻の天然素材でできたカーゴパンツと化繊のプリーツ入りパンツではイメージが大きく変わります。
化繊でできたものは落ち着いた上品さをアピールするのに対し、コットンや麻など天然素材を用いたものは自然派でカジュアルなイメージを与えます。
服に合わせた身だしなみとして、髪を清潔に短く切るあるいは後ろでスッキリまとめてハッキリ顔を見せる事や、爪が伸びていないか、ネイルが派手でないかもチェックが必要です。